東村山から愛を

さよなら原発@東村山 + こどものごはん委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

飯舘村からの手紙

今年の一月のある日、近くの友人の家で見つけた郵便物は、前から聞いて

いた福島の飯舘村の方からの手紙でした。飯舘村はすごく良いところで、

手紙の主から「日本ミツバチを東京でも飼って見ないか」と言う提案があ

ったのだと友人は話していました。筆で書かれた住所書きを見てうーんい

いなーっと思ってふと見た切手が農村の風景でした。それからしばらくそ

の切手を見ていたのですが、消印が23.3.11となっています。あれ

!!これはあの震災の日ではないか。また受付時間を見るとその日

の午前になっている。今、手紙の主は福島市に避難していて飯舘村に

居ない(住めないのが現実)。そして原発事故で東京電力に対して

慰謝料請求訴訟をしているそうです。

切手の写真を見ながら色々考えてしまう。
K3300048.jpg
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ニホンミツバチ

飼い主不在でも彼女たちは自給自足をちゃんと身に着けていますから、その後も元気です。一昨日一時帰村したとき見ましたがものすごくエネルギッシュに働いていました。ホントにかわいいですね(まるで親ばか?-笑)。

ブルドッグ | URL | 2012-04-26(Thu)23:11 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。