東村山から愛を

さよなら原発@東村山 + こどものごはん委員会

放影研報告 日本語版公開

原爆被爆者の死亡率に関する研究:1950-2003


放影研報告*「原爆被爆者の死亡率に関する研究:1950-2003」日本語版公開
「ふくしま集団疎開裁判の会」代表 井上利男

    *放影研(公益財団法人 放射線影響研究所
 旧ABCC

本年三月に原爆被爆者に関した重要な研究報告が公開されています。
それについて井上利男さんからアピールです。
少々固い内容ですが、ゆっくり読んで下さい。


では、井上さんからのメッセージを。
       mail:Friday, May 25, 2012 7:23 PM

 みなさん、こんばんは。「ふくしま集団疎開裁判」の会、井上利男です。
重複投稿およびBCCにて失礼します。

 3月にアメリカ専門誌オンライン版にて英語のみで公開された放影研報告
「原爆被爆者の死亡率に関する研究:1950-2003:がんおよびがん以外の疾病」は
①放射線による健康リスクに閾値はない
②被爆時年齢が若いほど、健康リスクは増大する
③健康リスクはがんだけでなく、がん以外の循環系、呼吸器系、消化器系の疾患にもおよぶ
など、われわれにとって極めて重要な事実をようやく認めています。

 この論文の存在が世の中に知れ渡りさえすれば、山下ら専門家を自称するやからたちの出る幕はなくなるでしょう。すでに「ふくしま集団
疎開裁判」ではこれが証拠のひとつとして仙台高裁に提出されていますし、原発告訴団や原発民衆法廷でも活用できるはずです。

ところが公式の公表では、日本語で読めません。英語帝国主義ということばがありますが、これは知の独占システムといってもよいでしょう。

厚生労働省の資金によって実施・継続され、広島・長崎の被爆・被曝者の晩発性の死を対象とした調査研究が英語でしか読めない・・・日本国民をバカにした話しであり、原爆による晩発性疾患で亡くなった方々を冒涜する理不尽な非道です。

怒りが収まらないものだから、報告書全文を日本語訳してブログに公開しました――

(ここから見えます。↓)
放射線影響研究所「原爆被爆者の死亡率に関する研究:1950-2003」日本語版
http://besobernow-yuima.blogspot.jp/2012/05/abcc-1950-radiation-research-14-1950.html


 危惧しているのですが、放影研や米誌Radiation Researchあたりから著作権を振りかざして、ブログ記事の削除を求めてくるかもしれません。そこで戦略として考えたのですが、ブログ転載やPDF文書のアーカイブス保管など、可能なかたは、この文書のゲリラ的拡散・分散にご協力願えないでしょうか?


井上利男
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する