東村山から愛を

さよなら原発@東村山 + こどものごはん委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

宮城県の七ヶ宿町

宮城県の七ヶ宿町
七ヶ宿町(しちかしゅくまち)2012年5月11日
東北の町に行って来ました。宮城県の七ヶ宿町です。
案内してくれた方は、先の震災で被害に遭いこの町に引っ越して来た
造形作家Iさんです。
七ヶ宿町は白石川をはさんだ高原の町でした。大きなダム湖があります。
りんごや桃や梨の果樹園があります。五月中旬でしたが、寒気が入り込んでいたので寒くて風も強い日でした。
山菜を採ろうと行った畑には猪がミミズを掘り返した跡がありました。野生動物もいっぱいいるそうです。果樹園に鹿が出たとか。~鹿(ニホンシカ)でなくてカモシカ(ニホンカモシカ)です。~
ぶゆがいるから注意、刺されるよ。今日は風が強いから飛ばされてしまうからいないみたいだけど。りんごの果樹園でりんごの木に下がっていたペットボトル、なにかと聞いたらスズメバチを取る為の仕掛けでした。いっぱい捕まっていました。スズメバチは作業の邪魔なんですね。花を受粉させるのにニホンミツバチがいいなーと彼は言いました。寒くても働くし、いわゆるミツバチは寒くなると働かないからと。

今は桃と梨の花とりんごの花がさきほこっていました。八重桜も満開。
夜、星がきらきらと、東村山では見ること出来ないなー自然環境がしっかりのこされていました。

翌日Iさんの秘密の修行場所の岩場に行きました。綺麗に光る石のある場所で、Iさん、いわく昔は山伏さんと関係ありそうな、パワースポットだったんじゃないかな~。実は荒らされるのを恐れて場所はおおやけにしていないのでした・・・そして夏にはマムシがいるそうです。これで誰も行かないかも。

八重桜を取りに行ったこの町の人口を調べたら1670人ほどで東村山約150000人の百分の一ぐらいでした。大自然を相手に強く暮らさなければならない土地でした。(東京の奥多摩なんかも似てるが)
出荷する食品などは放射能検査をしているそうです。また町内の方の食べるものは役場で無料でやってくれているそうです。

もーしなれるんなーらりんごの花になっちゃおう~♪♪歌を思い出しました。

しらんぷり
   林権三郎  作詞
        小六禮次郎 作曲 編曲

もしなれるんなら
林檎の花になっちゃおう
あの枝いっぱいぼくは咲いて
ママのおしごとみていてあげるよ
でもママがいくら呼んでも
ぼくは知らないよ
しらんぷりさ

もしなれるんなら
林檎の花になっちゃおう
あの風呼んでぼくは散って
ママのからだをつつんであげるよ
でもママがいくら呼んでも
ぼくはしらないよ
しらんぷりさ

もしなれるんなら
林檎の花になっちゃおう
あの空いっぱいぼくは咲いて
星がでるまで待っててやるんだ
でもママがいくら呼んでも
ぼくはしらないよ
しらんぷりさ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。