東村山から愛を

さよなら原発@東村山 + こどものごはん委員会

飯舘村からのつぶやき 瓦礫の広域処理・除染

震災瓦礫の広域処理

ツイッターから知人のつぶやきです。東久留米市の柳泉園で瓦礫受け入れも北九州の話もみな同じです。彼が投稿した新聞記事も載せていますので読んでみてください。

飯舘村農民見習い伊藤延由 @nobuitou8869

瓦礫の広域処理についての私の見解:4月15日に新潟の地元紙に掲載されたものです。若干訂正すれば宮城県だけでなく岩手県の稲藁も汚染されていました。薪ストーブの燃焼実験で重量比1/90ですから、ゴミ焼却施設では1/100、1/200になる?

国が行なっている瓦礫の広域処理、除染は今のやり方では放射性廃棄物(死の灰)を拡散するだけ。今回の事故の教訓は死の灰は一度排出したら回収の手立てが無いと言う事。彼方此方で“除染アドバイザー”なる人が暗躍し稼ぎまくっているが、誰も未経験の分野で、しかも素人でも判る嘘を平気で言って。

除染アドバイザーを名乗る人が某テレビで、飯舘村の除染について“山からやらないと効果が無いと言う噂があるが”とのたまった。村人の多くは飯舘村は75%が山林。宅地、農地、山林とした除染順序が逆である事を承知している誰が考えても山林を放置しての除染は除染業者の為の除染だ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する