東村山から愛を

さよなら原発@東村山 + こどものごはん委員会

飯能上映会・講演会終りました。

上映会・講演会へ参加された方へお礼

準備不足のうえ、あまり知られていないものなので、いったい何人来てくださるのかと、とても不安だったのですが、多くの方の参加がありました。反西連のブログを見ていらした方もあったかと思います。ありがとうございました。
もんじゅの映画を見たいと思っていらした方は、農薬がこんなに怖いものとは知らなかったとおっしゃるし、ミツバチからのメッセージに関心があっていらした方は、原発の危険性について認識できて良かったという感想を書かれていました。この二本立てはなかなか良かったような気がします。
そしてネオニコチノイド系農薬の禁止のために東奔西走していらっしゃる御園さんのお話を伺い、農薬と原発にはなんて共通の問題が多いことかと驚かされましたが、原発の危険性が国民の共通認識になったのに比べてネオニコ農薬の危険性についてはまだ殆ど知られていないどころか、減農薬栽培とか特別栽培とかいう触れ込みで、普通のものより安全であるかのように宣伝されています。
放射能や遺伝子組み換えに敏感なヨーロッパでは、この農薬の残留基準は日本の300分の1から500分の1だそうです。私達のこの国では命が軽く扱われるのだということを思い知らされます。
いずれにしても、ひとりひとりが関心を持たない限り変えてゆくことは出来ないのは原発も農薬も同じです。本当にありがとうございました。

飯能消費者団体連絡会、原発止めよう飯能 一同


スポンサーサイト

PageTop

上映会と講演会のご案内 飯能から

 
「見えない恐怖 原発と農薬」 ドキュメント映画上映と講演会

mienaikedo.jpg

日時:2013年1月26日(土)

所:飯能市市民活動センター(丸広7階)
  埼玉県飯能市栄町24−4 042-978-7551 ‎
   西武池袋線 JR八高線 東飯能駅

参加費:500円  保育あり 受付締め切り 1月19日 1人500円

主催: 飯能市消費者団体連絡会 090-5324-6412 川野
    
「原発とめよう飯能」

内容1:映画「山のかなた」  (76分)
    使用済核燃料から高速増殖炉で使うプルトニウムを
    取り出す理由が何故かが分ります。
   (2009年/池島芙紀子監督/ストップ・ザ・もんじゅ制作) 
    ☆1回目 10時30分~11時50分
    ☆2回目 15時 ~ 16時20分


yama.jpg
  yama2.jpg

福井県敦賀半島にある高速増殖炉「もんじゅ」は、核燃料サイクルの中心となる施設です。1995年8月に発電を開始しましたが、その年の12月に冷却用金属 ナトリウムが漏れ出す事故が起こりました。その後もトラブルが続き、2010年5月に運転を再開しましたが、装置の落下で2010年8月から稼動が停止し ています


内容2:映画「ミツバチからのメッセージ」  (57分)
    12時30分~13時30分

 有機リン系農薬にかわり、ネオニコチノイド系農薬の利用が増えています。田畑や果樹園だけでなく、松枯れ対策として空中散布・猫の蚤取り用首輪・住宅用建材・ガーデニング用草花など。また、浸透性のネオニコチノイド農薬で処理された種子も販売されていて、使用を禁止している国もあります。

d81114e0.jpg


内容3:「ミツバチからのメッセージ」の製作委員  御園 孝さんのお話 
    13時30分~14時30分


西武線
西武線に乗って行こう。\(^-^ )

反西連D
   「原発とめよう飯能」\(^o^)/
PageTop

高田馬場新春デモ\(^o^)/

2013年1月5日に行われた、反原発西武線沿線連合の「高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ!」参加された皆さん ありがとうございました。今年の初デモ、高田馬場では初デモ、反西連としての初デモ。

P1050337mini.jpg

西戸山公園に集合しました。

P1050347mini.jpg

高田馬場駅前を行進 後ろには西武線

P1050371mini.jpg

解散地点の戸山公園にて
PageTop